断熱工事

249065945_624-1.jpg

耐震補強工事は、
ほぼ終了です。

現場は、断熱工事が進んでいます。

床面は、ネオマフォームが敷き詰められ、
合板が張り終えられています。

屋根の断熱材が
気密テープを貼りながら、
進んでいました。

ここのところの猛烈な暑さで
現場の確認をするだけでフラフラです。
大工さんはじめ、各職方さん方、
本当にお疲れ様です。

外壁の構造用合板張り 補強

248854252_624.jpg


外壁の合板張りの完了です。

写真では、全面合板張りに見えますが、
数十年前の建物は、柱や梁の幅がまちまちなことが
よくあります。

今回の建物も
柱・胴差・土台とすべての
面が合っておらず、
合板を張るときに、
薄い板を入れて、調整しています。

最近は、研究・実験がすすみ、
このような場合でも
対応できる基準が出来つつあり、
助かります。

そんなわけで、
全面合板張りにみえるこの建物の外壁も
合板の上下は、釘を打たない仕様で
補強しています。

そんなわけで、
写真のようなボルトの切欠きも
問題なくクリアできています。

今回の工事で、
この上下空きの仕様で、
外壁面の補強をすると、
何かと
上手くいくことが判明しました!

窓・床 仕上げ前!

248854246_624.jpg


窓のサッシを取り付ける準備が進んでいます。

2階の床も耐震補強は終わり、
仕上げを張る準備が進んでいます。

夕暮れ時の現場でした。

屋根完成

247458263-2_org.jpg

土の載った瓦葺きの屋根から、
ガラッとすっきり、
ガルバリウム鋼板の屋根が完成です!

今回は、屋根面も、構造用合板で
固めて、しっかり補強しています。

ガルバリウム鋼板の屋根・・・・
暑くなりやすい、
塗り替えが必要など、
瓦に比べるとデメリットもありますが、
すっきり感が、好きです!

小屋裏

合板に穴があくとき
248854241_624.jpg

248853779_624.jpg


耐震補強工事は、終盤に差し掛かっています。

仕上げの壁や天井を張る前に、
電気の配線工事をしています。

天井を張ると見えなくなりますが、
丸太の梁が入っています。
伊勢湾台風で、山の木が倒れ、
その時のものを使って建てたと聞いていますが、
この丸太もその時のものなのでしょうか。

屋根を軽い屋根に葺き替えた時、
野地板から替えました。
(野地板:屋根の部分に写っている合板です)
ここで、水平構面の耐力をとっています。

予算の都合からか。
屋根を軽い葺き替えても、
野地板はそのままというケースが、
多いようですが、
設計者としては、せっかく屋根を触るなら、
ここまで出来るとよいと思います。
合板が結露などで傷まないようにしておく
注意は、当然しながらです!

外壁補強壁 完了

248821865_624.jpg

貸アパートのリノベーション

外壁の構造用合板が、貼り上がりました。

内部の筋交い、柱の金物も
ほぼ終わり、
8割方、耐震補強は、終了です。

2階 床合板張り


248548951_624.jpg


リノベーションを行うときは、
出来る限り、2階の床面を固めます。

2階に入ってくる地震の力を
きちんと1階の柱・耐力壁へ伝えるためです。
一般診断では、
この点に関して、
計算上は、不問です。

が、計算だけで、OKというのは危険に感じます。

力の流れをきちんと考えて設計することが大切です。
そのうえで、計算上もOKとなるようにすることが、大切だと考えます。

今回は、賃貸住宅では珍しく
吹き抜けがあるため、
床面の補強は、必須事項と考えていました。

既存の床板を撤去できると、よかったのですが、
色々あって、結局
既存の板の上から、釘の種類・長さを指定して
吹き抜け以外の床全面を合板張りとしています。

2階の床の合板張り完了です。


248548945_624.jpg


穿設基礎が完了しました。サイズもOKです。

248548962_624.jpg

柱の上と下に取り付ける金物も
着々と進んでいます。

配筋検査


248281974_624.jpg

248282037_624.jpgのサムネール画像

248282033_624.jpg

賃貸アパートのリノベーション
蔵池レジデンスの監理に行ってきました。

以前のブログに書いたように、
補強壁を予定していたところに
基礎がなかった箇所・・・・です。

検討の結果、基礎を新設することになりました。

今日は、その配筋検査です。
基礎のサイズや鉄筋の種類・間隔、
定着長さなどを確認。

既存の基礎とは、
ケミカルアンカーを使い、
差筋をして、
新設の基礎と一体化させています。

問題なくできていましたので、
コンクリートを打っていきます。

アパートリノベーション

247850706_624.jpg


アパートのリノベーション、解体が始まりました。
二軒のアパートを改修して、一軒にします。

意匠設計は、加古建築事務所さま。
空間工房服部は、耐震補強の設計監理を担当します。

耐震補強後のの評点は、1.2を目指します。、
外断熱を施し、吹き抜けのある
賃貸住宅としては、
かなり魅力的な住まいになりそうです!

解体時の現地確認1

247850712_thumbnail.jpg


耐震補強は、図面通りにいかないことが、
ほとんどです。

そんな訳で、空間工房 服部では、
解体時に現地を確認して、
補強設計の内容が確実に施工できるか
確認を行っています。
この仕事を監理業務といいます。

耐震改修は、
最終的に安全な建物になることが、
重要だと思います。
そんな訳で、監理業務は、性能を確保するために、
大切な仕事だと考えています!

こちらの写真は、
補強壁を予定したところの基礎を
確認をしているところです。
・・・が、基礎はありません。

基礎があるかどうかの確認は、
工期や予算に大きくかかわるので、
可能な限り
事前に調査をしておくことが多いですが、
(施主さんが、困らないように~との想いからです)

今回は行わなかったため、
解体後に判明。
評点1.2を確保するには、おそらく基礎を造らないと
難しいと思いますが、
持ち帰って検討です。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム