2階 床合板張り


248548951_624.jpg


リノベーションを行うときは、
出来る限り、2階の床面を固めます。

2階に入ってくる地震の力を
きちんと1階の柱・耐力壁へ伝えるためです。
一般診断では、
この点に関して、
計算上は、不問です。

が、計算だけで、OKというのは危険に感じます。

力の流れをきちんと考えて設計することが大切です。
そのうえで、計算上もOKとなるようにすることが、大切だと考えます。

今回は、賃貸住宅では珍しく
吹き抜けがあるため、
床面の補強は、必須事項と考えていました。

既存の床板を撤去できると、よかったのですが、
色々あって、結局
既存の板の上から、釘の種類・長さを指定して
吹き抜け以外の床全面を合板張りとしています。

2階の床の合板張り完了です。


248548945_624.jpg


穿設基礎が完了しました。サイズもOKです。

248548962_624.jpg

柱の上と下に取り付ける金物も
着々と進んでいます。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム