解体時の現地確認1

247850712_thumbnail.jpg


耐震補強は、図面通りにいかないことが、
ほとんどです。

そんな訳で、空間工房 服部では、
解体時に現地を確認して、
補強設計の内容が確実に施工できるか
確認を行っています。
この仕事を監理業務といいます。

耐震改修は、
最終的に安全な建物になることが、
重要だと思います。
そんな訳で、監理業務は、性能を確保するために、
大切な仕事だと考えています!

こちらの写真は、
補強壁を予定したところの基礎を
確認をしているところです。
・・・が、基礎はありません。

基礎があるかどうかの確認は、
工期や予算に大きくかかわるので、
可能な限り
事前に調査をしておくことが多いですが、
(施主さんが、困らないように~との想いからです)

今回は行わなかったため、
解体後に判明。
評点1.2を確保するには、おそらく基礎を造らないと
難しいと思いますが、
持ち帰って検討です。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム